本文へスキップ

ユーザーが育てるDWH・SDMを支援する SDM Consortium

 

SDMとは?
SDMは、ヘルスケア情報に関するDWH(データウエアハウス)の設計書です。
DWHの設計においては、項目間の関係を含めた構造(モデル)が必要となります。
項目の意味(Semantics)を理解した上でその関係を構築する手法
(Semantic Data Modeling)を用いることにより、
有意義な2次利用ができるようなDWHを構築することができます。
これがSDMと命名した理由です。

 

SDMコンソーシアムのホームページへようこそ。
SDMデータウエアハウスに関する情報をお知らせしています。

お知らせtopics

第36回医療情報学連合大会にSDMコンソーシアムとして参加しました

 2016年11月23日 シンポジウム @ 横浜パシフィコ

演題 組織横断的な臨床的分析を可能にするDWHとは 

演者 紀ノ定保臣、近藤博史、木村映善、久島昌弘、高月常光、鈴木英夫

  第三回ミーティングを志摩で開催しました

2016年7月9-10日 檜扇莊 参加者 15名

 プログラム

 

 

 

  第二回ミーティングを志摩で開催しました

2016年2月5-6日 合歓の郷ホテル&リゾート 参加者 8名

プログラム

 

 

 

 

 

  第一回ミーティングを沖縄で開催しました

 

2015年7月19日 東京第一ホテル グランメール沖縄にて、「沖縄ミーティング」を開催しました。出席者は次の通りです

コンソーシアム役員(5名)、沖縄県立中部病院(2名)、ベンダー参加者(10名)、事務局(1名)

プログラム

  公開講座が開催されました

2014年11月22日 岐阜大学サテライトキャンパスにて、「医療マネージメントセミナー」が開催されました。

1中部IT融合セミナーが開催されました

2014年11月5日 ウインクあいち(名古屋)において中部IT融合セミナーが開催され、紀ノ定理事長により、「SDMコンソーシアムの役割とその社会的な背景」という題名で講演が行われました。資料(抜粋)はこちらから

 

 

  設立総会に関しまして

2014年9月26日金曜日 設立総会を東京第一ホテル錦(名古屋)にて開催しました。また一般社団法人SDMコンソーシアムが設立されました。活動報告をご参照ください。

  入会に関しまして

一般会員:年間5,000円    イベント、研修へ会員の費用で参加

正会員  :年間10,000円   一般会員の権利に加え、認定資格取得の権利、正社員の権利(選択)、役員の権利

賛助会員:年間100,000円 正社員1名分の権利、理事推薦の権利、法人名でのイベント参加の権利、賛助会員の表記、SDMコンソーシアムの知的財産利用の権利

申込は、こちらから


 

   情報

2014年7月11日
サイトをオープンしました。

SDMコンソーシアム

〒223-0066

横浜市港北区高田西2-4-10

045-567-3613